ごあいさつ

sample1私もキャンピングカーのオーナー。この1台にスペースとしては、居間・寝室・収納・トイレ・台所、設備としては電気・ガス・水道・冷暖房設備・換気設備・テレビ・ソーラー発電・発電機とこの世で一番コンパクトにまとめられた移動する住居といえます。この移動住居で生活してみると普段の生活では色々と無駄使いをしているということを身をもって知ることになります。

そこで電気。普段住宅では電気はお金を払うことにより電気を購入して使用しているのでブレーカーが落ちない限り電力不足で突然真っ暗になった!という人はいないでしょう。キャンピングカーは12Vバッテリーに電気を蓄えその蓄え範囲で使用することになります。電気は全ての設備を動かす電源でもあるので、水道で言えば水はあるがポンプが動かず水が出ない。。。FFヒーターの暖房で言えばガソリン燃料はあるが着火できない送風できない。。。冷蔵庫はただの倉庫。。。などなど。発電機はあるが使える状況は限られているので蓄電した電気は大切に使用しないとキャンピングカーではなくただの車になってしまうのです。そんな事とにならないように出来ることからと、照明のLED化など省エネ効果があるものにどんどん交換しています。又、100V製品もインバーターを使用することにより使用可能ですが、12Ⅴを100Vに変換して使用すること程非効率で無駄なものはありません。12V105Aのバッテリーで100V電子レンジなんて使おうものなら2分程しか使用できないのですから。どれだけ非効率か。言葉だけでは実感がわかないと思います。一度キャンピングカーをレンタルしてみるとより分かるかもしれません。

私自身がキャンピングカーを通じて知りえた電気の使い方は普通の家庭でも十分利用価値はあると思いますので色々ご提案させていただきます。


セブンブレッシングス 代表 割場 卓也